DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:徒然
楽しいニュースが盛りだくさんで困ります、こんにちは。

北京五輪関連のニュースもそうだし、昨日の光市母子殺害事件もそう。
私の場合痛いニュースや2ちゃんねるなんかでざっと見て、そこから詳しいソースを調べ始めるわけですが。

一番嬉しいニュースを先ほど発見。
それがこちら

ついに著作権ヤクザもお縄ですか。

著作権やらなんやらで色々問題になったり話題が出たりする昨今ですが、大概こいつらの悪行なわけです。
時代についていけない老害が文化文明の発展を妨げてきたんですね。

これによってどのような動きが出てくるのかまだまだわかりませんが、今までのような天下り団体の好き勝手はできなくなるんじゃないでしょうか。
どうせ社保庁同様に、マスコミが突っ込まないことをいいことに色々やってくれてたでしょうからねぇ。
さぞ面白いようにほこりが舞い散ることになるでしょう。

カスラックざまぁwwwwwwwwwwwwwwww

そして昨日の光市の件ですかね。

皆さんはこの判決をどのように受け止めたでしょうか。
私は当然の判決だと思うのですが。
そして死刑があることについてどうお考えでしょう。
女子高生コンクリート事件や、名古屋のアベック殺害事件などを調べてみるのもいいでしょう。
何か思うところがあるはず。

死刑廃止論者の言い分もわかります。
更正の余地と言う物は否定できないものではありますし。
ただ、やはり彼らの考え方は被害者の立場になって考えていないものだと思います。
現在の司法の慣例では、被害者は泣き寝入りせねばならないケースがほとんどです。
たとえ加害者が刑に処されたとしても、無期懲役であってもいつか出所してくる可能性があるわけです。
そうなれば被害者の方は再度被害を受ける可能性もあるわけで。

私は法律のことなどわかりませんし、偉そうな事は言えません。
それでも、こう思います。

他者の人権を侵害した人間には人権などない。

目には目を、歯には歯を。
物を盗まれたなら加害者も何か奪われなければ不公平です。
何らかの権利は侵害されたのならば、加害者の同じ権利も奪わなければ。
本村さんも記者会見で言っていましたが、日本の法律では、人を一人殺しても死刑になる可能性がある。
人の生きる権利を奪う以上、加害者だってそれを奪われても文句は言えないはず。
もちろん冤罪の可能性もありますし、情状酌量の余地、更正の余地というものがあるので単に人殺しは皆死刑などと馬鹿なことはできません。
しかし、それでも人命を奪った以上、死刑になっても仕方ないぐらいの心意気を持たねばならないでしょう。
日本人だけでなく、全人類が。

そして、以前問題になっていましたが、某法相の発言。
死刑をベルトコンベアーのように処理する云々ですが。
私はそれにむしろ賛成です。
人権を大事にしたがる勘違い野郎は人権を何だと思っているだとか言い出すでしょうが、勘違いしてはいけません。
死刑囚に人権などないんです。
誤解や非難を恐れずにはっきり言います。

反省?後からするなら始めから死刑になるようなことするなと。

この世の中で、何よりも守るべきなのは、無辜の一般人であり、被害を受けた不幸な人であり、ひいては弱者なわけです。
彼らの無念や想いを国が、司法が代行することが本来あるべき姿なんじゃないでしょうか。
正義だの悪だのくだらないことですが、それこそが正義でなければ。

日本の司法はこれまで加害者に甘すぎた。
来年からは裁判員精度が始まるわけですが、少しでもよい方向に進めばいいなと願わずにはいられません。

死刑を廃止するべきだとか、終身刑を作ればいいだとか色々な意見がありますが。
終身刑にしたところで彼らを生かすのは税金なわけです。
仮に、刑罰に処されている人間が、全て自給自足で補うというのなら一向に賛成です。
死刑廃止論者の方々はまずそういった制度を作ってから文句たれてください。
そうでなければ弱者の痛みを理解しようとすらしない人非人にしか見えません。

スポンサーサイト
コメント

カスラックwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwうはおkwwwwwwwwww
やっときたかwww


死刑云々はあれですよね
何かを奪うんなら、当然奪われる覚悟も出来てないとダメなんですよねー
奪うだけ奪って自分は何も奪われたくないとかそんな都合のいい話がry

被害者の人権を侵害しておいて加害者の人権は守るなんてそれこそ寝言は寝て言えと僕も思います・ε・

守られたければまず自分が守れと

う~ん、JASRACに関しては何個か
「俺ですら」聞いたことがあるけど、
やっとですか・・・。
これで改善されると良いなぁ・・・。


死刑の賛否についてはどちらかというと
賛成派。
殺人という人権侵害を行った人物が、
法律によって人権を守られるのはなんともおかしな話。
被害者の関係者(親族など)を馬鹿にしてるとしか
思えない。
3月末頃にあった殺人事件で、息子を殺された父親が
こんな(感じの)事を言っていました。

「やってしまったものは仕方がないので、
犯人には刑務所をでた際には、
人の役に立てるような人になってほしい」

内心はどうだったのか分かりませんが、
とても父親とは思えない偽善者的なコメント。
もしも俺が父親で、自分の子供を殺されたりしたら・・・。

まぁとにもかくにも、「人権を守る」という義務を
放棄した犯人に、「人権で守られる」という権利は
存在しないのが当然だと思いますよ。

今更だが気にはすまい。

福田は福田でも某売国奴に死んでほしい今日この頃。
特亜に媚売ってんじゃねえええええええええええええええええ!!!!!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 楢日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。