DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:徒然
夢の内容を覚えていることが間々ありますが、今朝見た夢は覚えてました。
今朝っつっても起きたのさっきだけど。

夢の内容は、夢というよりも昔の記憶の再現みたいな?
とにかく中学時代の、おそらく今までの人生で一番楽しかった、自分の変態性に気付いていなかった頃のお話。

私の過去語りとかあるのでどうでもいい方はここで( ・ω・)ノシ


というか、この夢を見て思い出したんですが、どっかで私は本気で人を好きになったことがないとか書きましたが嘘でした。
中学時代に本気で好きな人がいたようです。今更気付きましたが。
この歳になって、自分の今と昔を振り返ってようやく気付きました。遅すぎです。

これまたどっかで書いた覚えがありますが、私は面食いです。可愛い子や美人さんが好きです。恋人は顔だけで選ぶわけではありませんが重要です。なんというか重要です。大事な事なので二回(ry
にも拘わらず、当時好きだった子はそんな可愛い子じゃなかった気がします。不細工ではなかったと思いますが。
自分でも何故かはわかりませんが、本気だったようです。でも気付いていなかったので好きだとかいったりしませんでしたが。

今では基本的に単独行動なので考えられませんが、当時、私はとあるグループに属してまして、男女4人ずつでした。わりと仲が良かったと思います。
で、私の好きだった娘もその一人だったんですが、その子は同じグループの別の奴を好きなようでした。これにはすぐ気付いてました。自分のことは気付かなかったくせにね。
でもこの頃から人の心の機微に敏感だったのかもです。
だから今相談とか受ける立場になってんのか…

んでもってややこしいのですが、その男はグループの中でも殊更私と仲が良く、野郎はスポーツはダメダメでしたが頭が良く、どことなく人を惹き付ける魅力があったように思います。
特別もてていたわけではなかったですが、またしても同じグループの、私が好きだった娘の親友とでも呼べる子を互いに思いあってたようです。
今付き合ってるのかは知りませんが、確か成人式であったときには夫婦臭がした。いや会ったのは女の方でしたが、野郎の所在を聞いたらそんな感じだったので。

んで、図解だとこんな感じ?

私→○→友⇔○友

んでもって友と○友の想いは周知っぽかった。少なくとも私の好きな娘は気付いてたような気配。んでもって二人を応援してた、と。

微妙にややこしい中学時代の恋愛模様ですな。どこにでもありそうですが。


まあ、昔のことを夢で思い出して、懐かしい気分になったというだけの話ですが。
今から思えば、この頃が心身ともにもっとも充実してた全盛期な気がします。終わるのはやくね?
この頃の私は贔屓目に見てもいい子だったんじゃないかなーと思います。
その後の、と言うか高校時代の私に関しては…酷かったなぁ。
ボ茶さんみてるとなおさら思う。
子供らしくなかった。ボ茶さんが子供っぽいというわけではないですが。
歳相応という意味で。その方が可愛らしい。
子供の頃からよく、叔父に子供は子供らしくしとけ、と他の従兄弟にはいわないのに私にだけしつこく言っていた理由がわかった気がします。
厳ついうるさいおっさんだったから怖いとまでは言わなくても苦手意識があったんですが、流石に私の倍以上生きてる大人だと今では思います。

客観的に見ても、我ながら歳不相応だったなぁと思い、悩みまくってクサクサしてた弟が少し羨ましく感じますし。
弟が私みたいにならなくてよかったと今では思えますが。

そしてその反動としていまのふやけきった楢崎がいるわけです。

オチてるよね?

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 楢日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。