DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:徒然
ここのところ連日更新が続いているわけですが、いつ停滞するかわからんのでやっちゃえという気分。そんな気分。こんばんは。
最近とみに寒くなってまいりました。
こ、こたつ出したい…!

表題に関しては続きからどうぞ。


さて、この時期に引退騒動というとどうしても小泉さんを思い浮かべると思いますが、私としては小泉さんはもうどうでもいいです。

問題はむしろ18日の件。
河野洋平さんの方にあります。もう2週間前のことで申し訳ないですが。
だって昨日知ったんだもの。
知らない方は全く知らないでしょうが有名な方です。悪い意味で。
この方が18日に引退を表明し、それを昨日知った私楢崎ですけども。
急いで調べましたよええ。結局欲しい情報はありませんでしたが。
私が欲しかったのはただ一つ。
『河野談話の撤回』これだけです。他にも色々失言やらしているわけですが、マスゴミは取り上げないので。
この方の原爆や戦争に対する認識も、先日のエントリーでもちらっと出てきた某民主党議員と同じく、『日本が悪い』という狭量なものです。
調べていただければわかりますが、この方、いっそ素晴らしいと言えるほど特亜によくしているわけです。こいつ本当に日本人?っておもうぐらいに。


で、『河野談話』。本当に調べていただければすぐ分かるんですが、一応説明すると。
要は従軍慰安婦問題において、ろくに旧日本が悪かったという証拠も軍が関与したという証拠もないのに、全て日本が悪うございましたすいませんすいませんへへーwwwwww
と特亜様に土下座したわけです。
このおかげで、日本は特亜に対し、『従軍慰安婦問題』という外交上のカードを与えることになったのです。
念のため言っておきますが、日本は悪くない!軍も関与してない!なんて言いたいわけじゃありません。
当然関与はあったでしょう。それが積極的なものであれ、消極的なものであれ。
が。明確な論拠もないのにへーこらへーこら頭を下げてしまうのはあってはならない事態です。
従軍慰安婦問題について調べていただければわかりますが、当時軍が関与したという『明確な証拠』は存在していないんです。
あくまでも従軍慰安婦問題というのは特亜主張している事実だけ。
もちろん無かったとは言いません。むしろ当時の世界観や時代背景を考えるとない方がおかしい。
中には半ば強制された方もいらっしゃるでしょうし、全てが全て捏造だなんて言えません。いかに捏造大好きな特アであっても。

ですが。

私も詳しくは無いのですが、司法の世界には立証責任という言葉があります。

『立証責任は検察側にあり、検察側は被告人が罪を犯したと判断するに足る明確な論拠を示さなければならない』というものです。
『疑わしきは罰せず』ということですね。
例えどれほど疑わしくても、検察が犯人であると証明できなければ罪には問えないのです。

例えば、
『とあるお金持ちの家に強盗が入った。数日後、近隣に住む無職の男の羽振りがいやによくなった。警察は彼を逮捕し、検察は起訴した』
こんな事実があったとします。
どう考えても無職の男は怪しいですよね?
でも、彼が犯人だと一方的に断ずることはできないんです。
警察、検察が証拠を揃え、それを法廷で提示して、彼が犯人であると証明しなければならない。

従軍慰安婦問題にしても同じ事が言えます。
『旧日本軍が中国韓国の女性を強制的に連行し、慰安婦であることを強要した』というのであれば、彼らはそれを証明しなければならない。
日本側の外交としてはもちろん上から言ってはいけませんが、河野のように下手に出るのは最悪の方法なわけです。
こいつのおかげで日本がこれからどれだけの不利益を被る事になるか。
10年20年じゃありません。100年200年、日本と特亜が存在する限りカードとして使われ続けることになるわけです。
なんという史上始まって以来の売国奴。
だれかー!ギアスかけてー!

つまらない冗談は置いておいて。
そんな彼が引退するということで、もしかしたら撤回しないまま現世にさらば!となるかもしれないってのが大問題。
後は、後継者か。
牧島かれんという方が、政治地盤ではなく理念を継承するとのことで後継指名されたそうですが…
酷く不安です…




(`・ω・´)このエントリーはブログペットの「楢崎晴彦」が書きました。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 楢日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。