DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:徒然
http://guinness.mwjp.jp/index.cgi?page=10313&rlist=page%3D4840

PCから見れるかわかりませんが、読んで下さい。

後ほど記事引用します。

麻生首相はやることやってんだよおおおおおおおおおおおお! 追記にて上記の記事を引用。

一部編集、ならびにルビフリしていますが、全文まるまる載せます。

『許せない新聞、偏向報道』

 新聞の使命は、国内外の政治、経済、社会の事件、事故の「事実」を広く国民に伝える事である。そして新聞社としての見識を示し、ある意味世論をリードする役割もある。第四の権力といわれる所以(ゆえん)である。
本旨からは外れるため一部略
 (現代日本の)新聞は、その使命を果しているのか。事実を伝え、その事実の裏にある真実を抉り出し、どう対処すべきかとの提言や批判を提示しているのだろうか。
 欧米の新聞は自社のカラーを明確に打ち出し、政治的な立場を鮮明にしている。どの政党を支持するかを明らかにし、隠さない。読む市民もそれを心得ている。最近の(米国の)大統領選においても、オバマかマイケインかの白熱した候補者同士の対戦のみならず、新聞を中心としてのマスコミの論争も、市民を巻き込み議論が沸騰した。結果、オバマが次期大統領となったが、マスコミによる世論のリードは良い意味での社会の木鐸である。
 日本は戦後に至るまで、アメリカ同様主義主張を明確にした新聞論調であった。朝日新聞は国民の戦意高揚を目指し、勇ましい論調で世論をリードしていたし、毎日新聞の全身(東京日日新聞)も真偽の疑わしい100人切り競争ルポで敵愾心(てきがいしん)を煽った。
 しかし、戦後のGHQの報道管制、厳しい報道検問に遭遇し、新聞論調は可笑しくなった。意見、主張を正面切手明確にせず、ある意味淡々と事実のみを報道し、どの新聞を読んでも同じような事を書いているようなこととなった。
 また、取材競争すべき記者達が記者クラブで仲間同士のの「ゆとり協定」で堕落し始めた。産経新聞以外の全国紙は最近になるまで署名記事がなかった。記事の責任者が誰か読者に明示していなかった。
 一方で一見事実を書き、客観性を装いながら、その実ソフトな口調で「自分達の事実」「自分達の客観性」を一般国民に押し付け、世論形成を図っていた。善良な国民は無意識の意識をコントロールされてきたのだ。明確に主張せず、なんとなくムード、完成で国民を騙しているといって過言ではない。
 しかし、インターネットの普及、新聞を読まない若者達を中心に、このような全国紙の欺瞞が暴かれつつあり、大手新聞社が赤字になり、発行部数が明白に落ちてきている。
 それでも懲りずにホテルのバーで飲む首相を庶民的でないと揶揄(やゆ)し、漢字の読み間違いで指導力がないが如く騒ぐ事を辞めない。政策を明確に批判せず、只管(ひたすら)首相を貶め政権交代世論を躍起になって煽っている。公器の新聞にあるまじき、タブロイド版の夕刊紙のやることだ。麻生首相を恰(あたか)も無策のように責め立てるが、テロ特措法、派遣法改正、IMEへの10兆円貸出、日印安全保障強力宣言、朝鮮総連強制捜査、核マル派活動家11人の逮捕、竹島の日本固有の領土との閣議決定等々、やることをやっている。もしかして安倍首相の時と同じく、このような政策を推進する首相を早く辞めさせたいのか。
執筆者:v


以上。
本当にマスコミはこういった功績を報道しません。
安倍首相だってしっかりやることやって、より良い日本を作ろうとしていたのに足引っ張りとマスコミの偏向報道によって潰されてしまったのです。
断言します。
現在のマスコミは害でしかありません。
疑問に思ったことがありましたら、まず調べてください。
自分で調べないと実になりません。

とりあえず、私の感想としてはこのコラムをお書きになった方は至極真っ当な見識をお持ちであるかと。
ラジオやなんかでも、麻生首相は好き勝手言われていますが、信じちゃいけません。
馬鹿だとか漫画ばっかり読んでるからだとか、そんな人間が仮にも一国の総理大臣になれますか?
馬鹿はお前らだあほんだらが。
何故疑問に思わない?
総裁選前は麻生総理の事を「ちょい悪」とかなんとか絶賛な雰囲気だったじゃないか。
漢字の読み間違い?そんなもん一般人どころか大学教授でさえしてるっつーの。
経済雇用対策の民主党案にしてもそうです。あんなすでに実行あるいは施行前のものや行ってもまったく意味が無いどころか逆効果にもなりうるカス法案を、真っ当な審議なしに参院を通過させたこと自体がそもそもおかしい。
国籍法にしたってそうです。
丸山議員が参院委員会にて質疑を行おうとした際、速記を辞めさせるなどの民主主義にあるまじき暴挙があったのを知っていますか?

まずは、『現実』を知りましょう。批判反論多々あるでしょう。
では話はそれからです。
知ろうともしないのに文句ばかり言うのはやめにしましょう?
それこそがこの日本という素晴らしき歴史と格式を誇る国を貶めている根本なのですから。

スポンサーサイト
コメント

PCからは見ることが出来ませんね。
少し楽しみです。

>>カバーちゃん
追記にて一部編集したものを転載しました。
編集したといってもルビ振ったり本論とは逸れている部分を省いただけですのでご安心ください。

まともな新聞は無いのか('A`)
あとどうでもいいけど小沢さんいつになったらいなくなってくれるの?

転載だけ読んでたから今になってTheNewsのコラムってことに気づいたw
少し前にナラさんが進めてたから、今じゃバイトの休憩時間潰しにお世話になってます

>>とっきー
あれだけ堅固だった中国政府も最近は中国国内でネットを介し真実を暴かれつつある。
まだまだ当分の間はマスゴミどもに踊らされるでしょうが、日本でもネットはまだまだ拡大していくでしょうから連中の欺瞞が白日の下に晒されるのも時間の問題かなと。
しばらくは我慢の時期かも。
麻生総理には本当頑張ってもらいたいもんです。

民主党もなぁ…
元自民出身の壊し屋小沢が党首でさえなければもすこしまともだと思うんだけどなぁ…

やっぱマスコミがしっかりした仕事をしていないってことだったんですね。残念です。

とは言ってみたものの、ぶっちゃけると新聞はあんまり読まないんです。テレビもあんまり見ないんです。特に気になる新聞の見出しの記事や、たまたまテレビに映っていたニュースなんかを見る程度なので、どれだけマスコミがひどい報道をしているかどうかっていうのはイマイチわからないのですが、現在の政治家(というよりはこの場合は麻生首相でしょうか)が実際はまともな仕事をしているのにそれをマスコミが報道しないということぐらいはわかった気がします。多分。

>>カバーちゃん
総理大臣とかになれば程度によりけりですが、大体の人はきちんと仕事してますよ。
マスコミがその功績を報道しないだけで。
福田のおっさんは別ですが。
まあ、そこら辺の『功績』も賛否両論あるわけですが。

大体にして民主の小沢に関して突っ込まないのが不可解すぎる。
隠し財産とか黒い疑惑が山ほどあって、いかにも記事のネタになるっていうのに。
興味があれば調べて見るといいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 楢日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。