DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ニュース
 
秀逸すぎるのでいくつか転載してみる。

以下転載。


そのいち「ニッポン商店とミンシュトウ」
・あるところに、赤字続きで経営が苦しいお店があった。
原因は店長の経営方針のミスだ……と責任を問われてる中、
「今の店長が悪い!一度、俺に店長をやらせろ!そしたら売上アップ間違いなし」と
大声で主張する人が現れた。しかしこの人は、お店を経営した経験が一度もない。

・さらに店員たちに対して約束した。
「全員の給料を26000円増やします!」 ← 子ども手当
(ただし、ボーナスを大幅に減らす事はナイショ ← 配偶者・扶養控除廃止)

・そんなお金どこにあるの?と聞かれたら、
「お金は、ここにある!これを使えばいい」と金庫の現金を見せた。 ← 外貨準備金
(でもそれは取引先に支払う分のお金で、手を付けたら商売終了なのは、ナイショ)

・その時、近所で大火事が発生。あちこちに燃え広がり、そのお店にも火が! ← 米国金融危機
「話は後だ、まずは火を消せ!店が燃えちまう」と消化作業に向かう店長。しかし、
「火事なんかどうでもいい。俺が新店長になって、経営を立て直す方が先」
「そもそも俺が店長をやっていればこんな火事は起きなかった」
「俺が新店長になることこそ最大の消火活動」などと、わけのわからないことを主張。

・「何を言ってるんだ、店が無くなると元も子もないだろ!」
「お前も店員の一人なんだから、協力して一緒に水をかけろ」と、諭されると、
「……協力してもいいけど」と呟きながら、最後にこう切り出した。
「それよりも店長を選ぶ日をいつにする?それを決めてくれたら協力する」 ← 鳩山発言

果たして有限会社「ニッポン商店」は、この先生きのこる事が出来るのか?次回に続く



そのに「外貨準備金のコピペ 」
1:日本はお金持ちのときに、アメリカの宝石を質草として預かりました。(アメリカ国債)
 これは借金の担保で、日本はアメリカに沢山のお金を貸してあげたのです。
 アメリカは 「いつかその宝石を買い戻すから絶対売らないでね。それ売られたら
 僕は首をくくらなきゃいけないんだよ」 と言って、お金を借りて喜びました。

2:しかし日本はだんだん不況になりお金が足りません。
  しかしアメリカの宝石を売ると、アメリカちゃんが死ぬので、日本の人から借りることにしました。
  その代わり日本の宝石を預けています(日本国債)

3:しかしお金がないたびにそれを繰り返していたので、大分、日本の人への借金が増えました。 でもアメリカの宝石が沢山あるので、実際は問題ありません。
  しかしそれをマスコミが「借金が多すぎで日本は破滅する」と大騒ぎしだしました。
  
4:それとは別に民主党は 「日本は実は沢山お金を隠し持っているから、それを使えば国民は楽になる」と考えました。
 そこでこう言いました。「民主が政権をとれば高速道理路無料にしてあげる!あれもこれもしてあげる!だってお金あるもん!」 それで多くの支持を受けました

5:しかし「本当にそんな隠し財産なんてあるの? どこ?」と言う国民の追求が来るようになり、民主君は 探したのですが、そうです、宝石を見つけたのです!

6:「そうだアメリカちゃんの宝石を売ればいいんだ! それで日本は助かる!」 民主君はウキウキと言いました

7:ロイターはびっくりして記事にしました
「おいおい、あれ売ったらアメリカちゃん瀕死になっちゃうよ? そうなったらアメリカちゃんを信用して世界が使っているアメリカ印のお金が大暴落しちゃうじゃない。世界が狂うよ? 世界が終わるよ?
 っていうか、日本は世界を荒野にして、高速道路を無料化する気なの? 日本は馬鹿なの? 死ぬの?」

ポイント
・アメリカがマジヤバイこの時期に「米国債売っちゃう計画」を大々的に宣言しちゃう空気の読めない民主党
・外貨準備金を『埋蔵金』扱いする管の頭の悪さ


    

 

あのですね。
今どこもかしこも本気でやばい状態なんですよ。経済的に。イギリスとか特に深刻です。
このままではIMFのお世話にならざるを得ないぐらいマジやばい。
IMFについて詳しくは調べて欲しいんですが、簡単に説明すると、
世界で一番確実な金融会社と考えてください。
普通お金を借りる際、借用証明とか経済状況を明確にするとかあるんですが、世の中には自己破産というシステムがありまして、ぶっちゃけ言えば、色々と失う代わりに借金を返さなくてもいいといった状況が成立しうるんです。
日本なんかも韓国やらにお金貸してるわけですが、返ってこないどころかいちゃもんつけてもっと搾り取ろうとしています。まあこりゃ余談。
がしかし。
IMFにはそんな手は通じません。
IMFはまず、お金を貸す際に相手国に対し返済可能な経済状況かどうかを調べます。
これは普通の金融と同じ。
その後が普通じゃありません。
仮に相手国に返済可能な経済力がないと判断した場合、相手国に対し、鉄道やら産業やら農業やら、色々と政治に口出しして返済可能な状態にしてしまいます。
それから初めて借貸契約を結ぶんです。

普通、一国の政治に口出しすれば内政干渉と取られ、手が出せないのですが、IMFの場合合法となります。
つまりIMFは合法的に他国の内政に干渉して好き放題変えることができるということです。しかもアメリカ型のに。

簡単に言っちゃえば、
闇金の場合、借りたお金を返さなかったら内臓やら売り飛ばさせて無理矢理にでも返済させるのに対し、IMFは先に内臓やらを売り飛ばさせて返済用の資金を作らせてから初めてお金を貸し出すといった具合。マジ外道。

これが、IMFが世界で一番怖い闇金と言われる所以です。マジこえぇ。

詳しくは調べてみればすぐにわかります。

で。
実は韓国はこれに一回引っ掛かってます。
ここいらは情報がいろいろあって、良い面と悪い面の両面があるために一概にどうこう言えないのですが、どちらにせよ、『先進国』を名乗る場合においてこれ以上の屈辱はないでしょう。
(実際、IMFの施策も程度によりけりで韓国の場合そこまで行ってません。むしろ行ってたらもっとまともな国になっとる。)
しかも世界的不況の遠因は韓国だし。これについては『リーマン・ブラザーズ 破綻 原因』とかのキーワードで検索してみましょう。即行出てきます。
念のため言っておきますが、『韓www国wwブーメランwwwキムチうめぇwwwm9(^Д^)プギャーwwwww』とか言ってんじゃねーぞ。哂い事じゃねぇ。哂いてぇけども。マジ無理。

他国から借り受けるといった方法も可能ですが、その遠因となった韓国に貸す国があるかどうか、というのも問題点。いや、貸さないと韓国経済破綻してそれこそ世界経済しっちゃかめっちゃかになって日本も火の粉被るんですが。
これまでのことを考えれば日本が真っ先に該当するでしょう。
が。
これに対して日本は「IMFから借りろ」と突っぱねることができるんです。実は。
それが、麻生総理がとった、外貨準備高からIMFへの1000億ドル拠出といった方策なんですね。
以前も書いたかもしれませんが、1000億ドルです。10兆円ではありません。とういか円になりません。あくまでも外貨準備高からですから。円にしようとした場合、アメリカ国債を売ってドルを買い、ドルで円を買わなければならず、経済には全く不勉強な私でも円高ドル安がそれこそ人生\(^o^)/オワタぐらいになります。わからんか。

要するに、どこぞのアホな民主党が言うように、外貨準備高から資金を捻出するという行為は、確かにそれなら国内に回るお金は素晴らしいことになりますが、その代償として大手企業だって円高の影響で破綻していくだろうし結果的には日本\(^o^)/オワタ状態で、なにより国際的にも為替の大混乱を引き起こし、全世界を日本発の世界恐慌に陥れることになります。
そうなればどうなるかおわかりですね?

全世界を敵に回します。

いや真面目に。
詳しくはこちらをご覧ください。

「IMFへ1000億ドル」の意味と効力

上記リンク先で示されている通り、この方策には実に様々なメリットがあり、かつてと同じ轍を踏まぬように考え出された妙案と言えます。

引用しますと、以下の通り。赤字は私の注釈です。

IMFに拠出を行うということは、「金融危機で資金貸与が求められる」情勢において、「確実に世界への貢献が出来」、かつ「個別に貸与するよりも貸し倒れ(要は踏み倒されるあるいは貸した相手が自殺とか自己破産とかする)のリスクが極めて低い」ことを意味する。また、特定国に対する貸与をした場合、他国からは差別されたと見なされ「えこひいき」と思われかねない。そしてすべての国の要請に答えるほど日本に財力は無い。(今回の場合、IMFへ1000億ドル拠出してあるからそこから借りてくれと突っぱねる事が可能)

どこぞの国に対する財政的支援のように「巨額を投じたのに相手国ではほとんど報じられず捏造扱いされ、挙句の果てに侮蔑までされてその上踏み倒すとしか思えない姿勢を見せる」ような状況よりははるかに良策といえる。


とまあ、この辺りが上記のコピペ『そのに』のことなんですね。
おわかりいただけたでしょうか。

本当に、ほんっきで頭が悪いね民主党。アホなの?死ぬの?なんて言ってる場合じゃありません。
つーか私の考えではあいつら韓国やら中国がやばいから焦ってるんではなかろーか。
前回の記事で貼った裏金の政界リストを見れば、自民党も大概腐ってることがお分かりになったかと思います。
が、世の中一足飛びに理想を実現することなんて不可能です。
可能だと思ってるなら夢の中でどうぞ。現実に生きてる人を巻き込まないように。

物語の中ではよくベストばかりが選ばれている気がしますが、当然です。だって創作であり夢なんですから。
非情な言い方かもしれませんが、現実にベストの選択をできる機会なんて滅多にありません。
皆その時点での自分にとって考えうる限りのベストを選んだつもりになって、後になってから後悔するんです。
ああすればよかったこうすればよかったって。
だからこそ、私たちはベターな選択をするしかないんです。バターじゃねぇぞ。俺はマーガリン派だ。
選挙にしても同じこと。
私だって無条件で自民党や麻生首相を支持するわけじゃありません。選挙権ないけど。
それでも、野党の仲でも一番まともなのが共産党というとんでもない状況の中、自民支持するしかないじゃないかってことなんです。
もちろん政界再編やら公務員改革やらは必須です。
でも『今』すべきことじゃない。もちろん予算について話し合う場所で余裕ぶっこいて漢字テストなんてしてる場合でもないです。当たり前です。まあ漢字テストの前にも大概アホなことがあったそうですが。
とまれ、『今』何をすべきなのか、よく考えてみましょう。


さてはて、ここまでかつて無いほど長々と来ましたが、ついて来れない人も今回ばかりは置いていきません。
稚拙ながら、私なりに可能な限り噛み砕いて説明してみましたがいかがだったでしょうか。
わからないところがあればご遠慮なくお聞きください。といいたいのですが、これ以上無理。
なのでもっと詳しい人のところに行って下さい。
2ちゃんねるにだって頭がいい人、詳しい人はいっぱいいます。
変態ばかりじゃありません。NEETはかなりいますが。VIPとか。後楢崎は十分変態ですが。正直な話これ家族に見られたらと思うとゾクゾクします。変態ですね。

でもいいんです!変態には変態なりの矜持があります!私はこのまま変態的に突っ走って崖からまっさかさまです!でも多分変態的な悪運によって命だけは助かるでしょう!

こんな感じで私は今日も生きています。
(´・ω・`)かーちゃんごめんよ。


 
スポンサーサイト
コメント

コピペ解りやすすぎて笑えて北

ニッポンwwww商店wwwwwwミwwwwンwwwwシュwwwwwトwwwwウwwwwww

すんごくよくわかりました。

あと「そのに」はあれですか?アメリカがただでさえヤバイところに「いつぞやの宝石返すから金返せ」ってことですか?なんなの?馬鹿なの?死ぬの?

>>とっきー
俺もこんな風にわかりやすく書きたいもんだ。

>>カバーちゃん
厳密には違う。
返すから返せなら円高にはならないんだが、簡単に返せない代物なのよ。
だから円を買うためには宝石売ってドルにする、そのドルで円を買わなければならない。

んで、円高についてだが、例えば、バナナ。
一時馬鹿みたいに値段上がったでしょう。皆アホみたいに買うから。
あれと同じで、経済不況から皆アメリカドルに対する信頼が下がったために次に信頼できる円を買うようになった。そしたら円の値段が上がってしまいました。
それがここ数ヶ月の円高ドル安の流れ。
で、そのために現状ドルは結構キツい状況にあって、タダでさえドル安なのに、日本まで円を買えばとんでもない円高ドル安になってしまいます。

簡単に言えばそういうことです。
どんだけ民主があほんだらかわかったでしょうか。

絶望した…
これを見てくれ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090125/stt0901252018005-n2.htm

今は何も言うべき事が見つからない…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 楢日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。